リレンザの服用方法.com

インフルエンザの疑いがある男性の写真

インフルエンザの治療にリレンザを使用したことはありますか?リレンザは吸入タイプのお薬でタミフルなどの錠剤タイプよりも即効性が高く大変人気です。当サイトではリレンザの効果や副作用、服用方法についてご紹介しております。

リレンザの効果と特徴まとめ

リレンザはインフルエンザの治療薬として処方されることの多い薬です。
インフルエンザはウイルス性の感染症で、冬に流行し、春先まで感染が確認されています。近年では新型のものも出てきており、季節が関係ない場合もあります。
インフルエンザ治療薬といっても、リレンザやタミフルにはインフルエンザウイルスを死滅させることはできません。インフルエンザウイルスを細胞内に閉じ込め、増殖を抑える働きがあります。ウイルスは感染するとどんどん増殖していくので、その増殖を抑えることにより、症状が軽くなったり、他人にウイルスを広げることがなくなったりします。つまり、リレンザやタミフルは症状が軽くなることと流行を抑える働きがあることが特徴となっています。
インフルエンザは喉などの粘膜で増殖していきます。湿った部分には増殖せず、乾いた部分において増えていくので冬の時期に流行します。ウイルスの増殖は速く、高熱が出て48時間以内にリレンザやタミフルを使わないと効果がありません。そのため風邪かな、と思っても、いきなり高熱が出た場合は医療機関で検査をしてもらうと安心です。
リレンザは吸入タイプの薬ですので、喉の粘膜に直接働きかけることができ、効果が早く出ますが気管支喘息の方や気管支が弱い方は炎症をさらに起こしてしまうことがあります。気管支喘息のある方は先に気管支の薬を吸入し、その後リレンザを吸入すると良いでしょう。
リレンザは粉状の薬で専用の容器を使用して吸入します。1日に2回吸入し、これを5日間続けます。症状は軽くなっていきますが、途中でやめてしまうと再びインフルエンザの初期症状が出てしまいます。あくまでウイルスの増殖を抑えるだけの薬ですのできちんと最後まで服用するようにします。