インフルエンザの疑いがある男性の写真

インフルエンザの治療にリレンザを使用したことはありますか?リレンザは吸入タイプのお薬でタミフルなどの錠剤タイプよりも即効性が高く大変人気です。当サイトではリレンザの効果や副作用、服用方法についてご紹介しております。

せきの多い方や新生児へのリレンザの使用

インフルエンザの治療薬には、様々な使用方法のものが販売されており、その多くの効果はほぼ同程度であると考えられております。種類としてはカプセルや粉薬である内服薬や吸入薬、点滴薬、1回使用すると5日間効果が持続する吸入薬があり、流行しているあるいは感染しているインフルエンザウイルスの種類、使用する方の体調、利便性などによって医師が選択します。内服薬に関しては最初に販売されたということで臨床データが豊富にある一方で、耐性のあるインフルエンザウイルスが存在します。点滴薬に関しては素早い効果が期待されるものの、やはり注射であることや点滴にかかる時間など抵抗感が強い面があります。このように種類によってそのメリット、デメリットが存在します。これは吸入薬のリレンザにおいても同様です。リレンザは粉状の薬剤を入れたシートに穴を開けて吸入するという手順で使用します。このため、息を吸い込む力がないあるいは吸い込めない状態になっている方は使用できないことになります。具体的にはインフルエンザによってせきが多く出ている方です。吸い込む途中でむせ返ってしまっては薬剤が十分に吸い込めません。あるいは新生児などの小さなお子様にも使用することが出来ません。この場合は内服薬が適切です。内服薬にはドライシロップがあり、新生児でも服用できるようになっております。もちろんリレンザにもメリットもあります。インフルエンザウイルスの耐性化が進んでいないことです。このようにリレンザには高い有益性がある一方で、せきや新生児といった吸入器から薬剤を吸い込めない方に対しては適さないため、医師を受診の際にせきが出ているあるいは出そうといったことで使用に不安であればそのことを申告することが良いと思われます。