インフルエンザの疑いがある男性の写真

インフルエンザの治療にリレンザを使用したことはありますか?リレンザは吸入タイプのお薬でタミフルなどの錠剤タイプよりも即効性が高く大変人気です。当サイトではリレンザの効果や副作用、服用方法についてご紹介しております。

ぬぐい液でインフルエンザなら痛みの前にリレンザ

インフルエンザは風邪と似たような症状から始まるため、咳や鼻水が出たり、発熱しても、どちらなのかがわからないので、はっきりさせたいときは病院で検査を受けるしかありません。
病院に行くと、インフルエンザ用の検査キットがあるので、それを使えば迅速に診断することが出来ます。
鼻腔のぬぐい液や、咽頭のぬぐい液などを採取すれば簡単にわかりますし、A型とB型のどちらのインフルエンザなのかの区別も出来ます。
鼻腔や咽頭のぬぐい液を検査し、インフルエンザと確定した場合は、リレンザなどの薬を処方されるので、頭や関節、筋肉などに痛みが起こる前に使用するようにしてください。
リレンザは気道に直接作用し、インフルエンザウイルスの増殖を抑えられる薬ですが、48時間以内に使用しないと、全身にウイルスがまわってしまうので、その後に使用してもあまり意味がありません。
48時間以内に使用すれば、頭や関節、筋肉などの痛みを最低限に抑えられますし、高熱も短期間で下がり、薬を使わずに治すよりも2日ほど早く回復することが出来ます。
頭や関節、筋肉などにズキズキするような痛みがあると、布団の中でぐっすり眠ることが出来なくなりますし、回復も遅れるので、治るまではかなり辛い状態が続くことになります。
まだそれほど症状が重くないときにリレンザを使用していれば、そこまで悪化することなく治せますから、リレンザを処方されたら出来るだけ急いで吸入するようにしたいですね。
リレンザは吸入薬なので、初めて使用するときは難しく感じるかも知れませんが、説明書通りに使えば失敗しないので、心配することはありません。
ただし子供の場合はうまく出来ない場合があるので、保護者が手伝ってあげるようにしましょう。