インフルエンザの疑いがある男性の写真

インフルエンザの治療にリレンザを使用したことはありますか?リレンザは吸入タイプのお薬でタミフルなどの錠剤タイプよりも即効性が高く大変人気です。当サイトではリレンザの効果や副作用、服用方法についてご紹介しております。

リレンザと予防接種は体質によって使い分けよう

リレンザはインフルエンザの治療に有効なノイラミニダーゼ阻害薬で、ウイルスの増殖を抑えることで症状の軽減と回復を早める効果があります。形状は専用の吸入器を使用した吸入薬なので、一般的な経口薬とは違い扱いが難しいのですが、携帯に便利なこと、咽喉の粘膜から吸収されるため即効性があることから、インフルエンザの治療以外にも予防として使用されることがあります。予防薬としては10日間だけの使用で、使用中のみ効果があることから、予防薬としては不適切とも言われています。本来であればワクチンを使用した予防接種を受けるべきで、抗体ができることで5ヶ月間は効果が持続します。しかし、予防接種に使われるワクチンは鶏の卵から作られていることから、卵アレルギーを持つ体質の人には利用できない場合があります。軽いアレルギーであれば接種も可能ですが、アナフィラキシーショックなどの強い症状が出ると非常に危険なため、断られることも少なくありません。体質のせいで腫れやかゆみなどの副反応が現れる人は、すぐに予防接種を受けたくないという人もいますが、インフルエンザの重症化が起こりやすい傾向にあるのでなるべく予防接種を受けた方が良いです。しかし、どうしても重度な反応を示す体質の人は、予防接種を受けることさえできないので、予防をする場合はリレンザを選択すると良いでしょう。逆にリレンザに対してアレルギーのある人は、予防接種を受けるようにします。特に薬剤アレルギーではリレンザだけでなく、その他の治療薬にも反応を示すことがあり、治療が遅れる原因にもなるので、まずはインフルエンザに感染しない方法として予防接種が大切になります。体質によって合う合わないがあるので、まずは医師に相談して使う治療薬や予防接種を考えるようにしましょう。