インフルエンザの疑いがある男性の写真

インフルエンザの治療にリレンザを使用したことはありますか?リレンザは吸入タイプのお薬でタミフルなどの錠剤タイプよりも即効性が高く大変人気です。当サイトではリレンザの効果や副作用、服用方法についてご紹介しております。

中学生がリレンザを使用していてもお風呂に入れるか

リレンザは吸入式の抗インフルエンザ薬です。1日2回、5日間使用するようになっており、インフルエンザウイルスがつきやすいのどの粘膜に直接届くため、使用すると比較的早くに体力が回復してきます。ですが、リレンザはインフルエンザを治すことができません。
リレンザやタミフルは小学生でも処方されている薬ですが、タミフルを服用することにより危険行動が起こる可能性があるため10歳以上の未成年の場合はリレンザが使用されます。そのため中学生にはリレンザが処方されています。
インフルエンザは高熱が出て倦怠感や関節痛を引き起こします。中学生ともなるとお風呂に入りたがりますが、高熱が出ている間はお風呂は控えた方が良いでしょう。お風呂に入ると体力が奪われ、余計に悪化させてしまう原因となります。シャワーも控えるようにし、気になるようであれば、全身を拭く、ドライシャンプーを利用するといったことを行うようにします。解熱後4日ぐらいからは様子を見ながらお風呂に入ることも考えます。発熱してから2日でなおかつ解熱後5日たつと学校に登校することもできるので、少しずつ体の調子を整えていくようにします。
中学生がリレンザを使用した場合でも異常行動は見られています。これはリレンザの副作用とは言いきれず、インフルエンザの症状からきていることもあります。中学生といえどもインフルエンザに感染し、薬を服用している間は一人きりにさせないように気を付けましょう。異常行動は飛び降りなどが多いためもしどうしても一人にしなくてはならないときはしっかりと戸締りをするようにします。
インフルエンザは普通の風邪ではありません。体力消耗が著しい感染症ですので、日常生活も慎重に送るようにします。