インフルエンザの疑いがある男性の写真

インフルエンザの治療にリレンザを使用したことはありますか?リレンザは吸入タイプのお薬でタミフルなどの錠剤タイプよりも即効性が高く大変人気です。当サイトではリレンザの効果や副作用、服用方法についてご紹介しております。

感染者が多いインフルエンザA型の症状と感染経路

インフルエンザにはさまざまな種類があります。その中でも感染力が強いものがインフルエンザA型です。ウイルスに感染してから1日から3日程度の潜伏期間を経て症状が現れます。症状として代表的なものは悪寒や高熱、更には身体に関節の痛みなどが起こります。これらの激しい症状が3日程度続いた後に落ち着いていきます。完治までには1週間程度かかります。喉の痛みや下痢などの症状を引き起こすこともあります。

インフルエンザの感染経路は主に2通り

感染経路については飛沫感染と接触感染があります。飛沫感染とはインフルエンザウイルスに感染した人が咳やくしゃみをすることによってウイルスが飛散して感染するものです。最も多い感染経路となっています。
また、接触感染とはくしゃみなどで飛散したウイルスが付着した物に触れて、その手を口や鼻、目に入れることで感染するものです。

インフルエンザウイルスの感染力

インフルエンザウイルスは症状が出る前の潜伏期間においても感染の可能性があります。インフルエンザウイルスは体内に入り込むと爆発的に増殖するからです。また、高熱が引いて症状が落ち着いてきてもウイルスは数日間体内で生きています。そのことからも症状が落ち着いても感染の恐れがあるので、外出は控えることがポイントです。

インフルエンザの予防方法

インフルエンザに感染した場合の治療は安静にすることが大事です。ウイルスに感染していることにより体の免疫機能が低下していることも考えられるので無理に体を動かすと別のウイルスに感染して合併症を起こす可能性もあります。また、高熱が出ることから汗をかきます。そのため、水分補給を適切に行うことが大事です。
インフルエンザA型のウイルスは100種類を越えており、さらに突然変異を起こしやすい特徴があります。そのため、インフルエンザが流行する期間についてはマスクをする、こまめな手洗いやうがいにより予防することが大事です。

インフルエンザは病院にいくべき?検査内容は

インフルエンザに感染した場合、潜伏期間を経てから高熱、悪寒などの症状が起こります。病院で検査を受けるのであれば、時間的なタイミングが重要です。高熱が認められてから12時間以内に医療機関を受診することが大事です。検査の方法として迅速診断があります。これは患者の鼻水などを採取して、検査器具にセットすることで判断します。インフルエンザウイルスが含まれていればインフルエンザということになります。
迅速診断は15分程度で判断できるので広く利用されています。ただ、感染して症状が出始めた頃であるとウイルスを検出できないこともあります。また、逆にウイルスが検出されたとしてもインフルエンザでないこともあります。つまり、最終的には医師による判断となります。より本格的な検査を行うのであれば、ウイルス分離検査があります。これは患者の鼻水などを採取して機械を使用してウイルスが含まれているかを精密に検査するものです。高度な技術が必要なことから実施している医療機関は限られています。
正しい検査結果に基づいて薬が処方されます。ただ、薬の効果を最大限に発揮するためには発症から48時間以内に服用することがポイントです。また、やむを得ず時間が経過したとしても薬を服用することによって完治までの症状を緩和することができるので、時間が経過したからと言って、自己判断をしないほうが良いです。
また、医療機関を受診することで原因がインフルエンザであるかを正確に知ることができます。つまり、周囲への感染を防ぐことができます。そのためにも医療機関の受診は必要です。特に小さな子供がいる家庭や高齢の方がいる家庭では二次感染の予防は大事です。子供や高齢者は感染すると症状が重症化することもあり、合併症の可能性もあります。それを防ぐことが大事なことであると言えます。