インフルエンザの疑いがある男性の写真

インフルエンザの治療にリレンザを使用したことはありますか?リレンザは吸入タイプのお薬でタミフルなどの錠剤タイプよりも即効性が高く大変人気です。当サイトではリレンザの効果や副作用、服用方法についてご紹介しております。

抗インフルエンザ薬の種類の一つリレンザと説明文書

インフルエンザは定期的に世界中で大流行し、収拾がつかないパンデミック状態になることさえありますので、つねに注意が必要な病気であるといえます。
このインフルエンザはインフルエンザウイルスが体内に感染することによって発症しますが、症状としては、高熱、のどや鼻粘膜の腫れ、筋肉痛などといったものがあり、特に高齢者では肺炎などを併発して、そのまま死亡してしまうという最悪のケースになること少なからずあります。
このようなインフルエンザの治療が可能な抗インフルエンザ薬として、現在ではいくつかの種類があらわれており、種類ごとに有効成分はもちろんのこと、使い方なども異なることがあります。
たとえば、通常は病院にかかったときに医師から処方される医薬品というのは、カプセルや錠剤、散剤など、ともかくも口に入れてコップの水で飲むというスタイルが一般的なはずです。
ところが、抗インフルエンザ薬の種類のなかでも、リレンザという製品名でよばれているものについては、かなりかわった使い方をしますので、添付されている説明文書をよく読んで、ただしく使わなければなりません。
リレンザは、他の抗インフルエンザ薬と同様に、インフルエンザウイルスが増殖しようとするのを抑制することによって、症状の回復を早めるという効果がある医薬品ですが、いわゆる外用薬という扱いになっています。
リレンザには専用の吸入器がありますので、その器具に薬剤をセットして、息を吸い込むのにあわせて、薬剤ものどの奥、気道へと吸い込むことによって、ウイルスの感染部位に直接的に薬剤が届くようになっているのです。
これは説明文書のとおりに使用した場合の効果ですので、説明文書を読まずにあやまった使い方をすると、薬剤がウイルスに届かず、したがって効果もないということになりますので、あらかじめ注意を要します。